オススメグッズ

防災グッズを準備する。絶対に買っておいたほうがいいものとは?

パソコンとメモ

防災グッズを準備するといっても、何から揃えていけばいいのか?何を選べばいいのか?

わからないという人もいると思います。

私もその一人でした。

私は防災グッズを以下の2つに分けてまず考えました。

  1. 絶対に買っておいたほうがいいもの
  2. 使うひとによって買い足したほうがいいもの

 

絶対に買っておいたほうがいいもの は大きく分けて、

A いつも持ち歩くもの

B 家で使うもの(避難所で使うもの)

C 非常持ち出し袋

に分けられます。

 

使うひとによって買い足したほうがいいもの は、

・一人暮らし、夫婦二人

・妊婦または子供がいる

・障がい者、高齢者がいる

・ペットがいる

というふうに家族の有無によって買い足すものが出てきます。

 

今日は、絶対に買っておいたほうがいいもの について紹介していきたいと思います!

絶対に買っておいたほうがいいもの

A【いつも持ち歩くもの】

□モバイルバッテリー(1人1つ)

□水(500mlペットボトル1本以上)

□眼鏡の予備(コンタクトの場合は1dayタイプ)

□除菌シート

□ハンカチ・ティッシュ(火災などのとき役立ちます)

B【家で使う(避難所で使う)もの】

□非常食(一週間分)

□水(一週間分)

□懐中電灯(できれば手持ちタイプと、LEDランタンなどの置き型タイプ)

□食器(紙皿・紙コップ・ラップ・個包装の箸やスプーン)

□消毒液(アルコールシートなど)

□ガスコンロ、ボンベ

□ヘルメット(さっとかぶれる丈夫で軽いもの)

□くつ(スリッポンタイプのすぐ履けるものや、丈夫なスリッパ)

□厚手の靴下(くつの中み入れてすぐ履けるようにしておく)

□ラジオ(手回しタイプ、電池式のものは替えの電池も必要)

□救急セット(ハサミ、ピンセット、消毒液、ガーゼ、絆創膏、包帯、シップなど)

□簡易トイレ

□電池

□常備薬(使ったことがあるもの)

□着替え(家にあるものでOK)

C【非常持ち出し袋】

 

□リュック(持ち出せる大きさのもの、お子さん用なら背負えるものを選ぶ)

□消毒液(アルコールシートなど)

□救急セット(マスク、ハサミ、ピンセット、消毒液、ガーゼ、絆創膏、包帯、シップなど)

□雨具(全身覆えるレインコート)※長靴は大雨の際は使わないほうがいい

□常備薬(使ったことがあるもの)

□着替え(下着は多めに。羽織る物があると安心)

□水(500mlペットボトル一人3本あると安心)

□モバイルバッテリー

□非常食(お菓子など簡易的なもの)

□現金(おつりが来ない店も出るので、小銭は多めに)

□軍手(一人一つ)

□洗面具(タオルも)

□ビニール袋、ジップロック

□布テープ(紙は×)

□筆記具(油性)

□家族で共有する情報メモ(ジップロックに入れて防水する)

□アイマスクや耳栓

□ホイッスル(リュックにつけておいてすぐ吹けるようにしておく)

□カイロ(防寒対策)

すぐに使えるように準備する

防災グッズをABCと分けて準備するのは、すぐに使える(持ち出せる)状態にしておくためです。

すべての防災用品をひとまとめにして置いていても、いざというとき持ち出せる状態にないと何の意味もありません。

さきほど挙げた防災グッズでは、いくつかアイテムの重複がありますが、

同じものの重複は、それぞれで用意しておくといいものです。

たとえばは、ABCそれぞれに書いてありますが、それぞれ準備しておくと安心ということです。

家に備蓄している水を、災害が起きたときに取り出し、非常時に持ち出し袋に入れている余裕はないと思うので、サッと持って逃げられるようにそれぞれに置いて準備しておきます。

まとめ

アイテムは、ざっと書きましたがこれくらいは必須です。

もっとあると思いますが、まずは優先順位の高いものから買っていくといいと思います。

※これに個人で必要なものを買い足すのをお忘れなく!

(小さいお子さんがいる場合は、おむつなども必要です。女性なら生理用品など。)

item
絶対必要な防災グッズ3つ−まずはこれを揃えるところから始める−前回、絶対に買っておいたほうがいい防災グッズ について紹介しました。 とはいっても、買うべきものが多すぎてどれから買えばいいのかわ...