防災対策

イザメシの魅力と「まんぞく豚汁」「ひじきご飯」レビュー

カトラリー

最近はクオリティの高い非常食ばかりで、どれをストックするか悩みませんか?数ある非常食の中でも、おいしさや手軽さを兼ね備えたものがいいですよね。

今日は防災用としても、アウトドアとしても、ギフトとしてもオススメな非常食

IZAMESHIの魅力と、実際に食べてみた感想をお伝えしたいと思います。

こんな人にオススメ
  • おいしい非常食が知りたい
  • 長期保存できるものを選びたい
  • 子どもでも食べられるものがいい
  • 簡単に調理できるものがいい

IZAMESHI(イザメシ)って?

「イザ」というときに役立つ、長期保存が可能な非常食「メシ」

杉田エース株式会社さんが販売している非常食で、アルファ米は国内のノンアレルギー認定工場で生産されたものを使用しているなど、安全面にもこだわった商品を提供されています。

写真:IZAMESHI公式サイトより引用

主食(ごはん、パン、麺)と、おかず(肉や魚)、甘いデザートまで、幅広いメニューがあって、商品も、公式サイトもデザイン性に優れていてとてもオシャレです!!

公式ページ

お気に入りポイント

非常食として長期保存できる

どの商品も3〜5年の賞味期限なので、長期保存に向いています。

頻繁に買い足す必要がないので、ローリングストックの手間が減ります。

普段の食事にも使える惣菜感覚

  • メニューを考えるのが面倒
  • 疲れているときにササッと食べたい

こんなときに使える主婦の強い味方です。疲れているときって、メニューを考えるのも作るのも面倒ですが、こういう調理済みの食品が本当に助かります。

賞味期限が切れる少し前になってから食べてもいいですし、今日は料理したくないという時にも大助かりです。

ポイントは食べやすさ

非常時の食事で大切なポイントは「食べやすいこと」

食べたことのないものや、独特の味がするものは、オススメしません。

私が非常食を買うときは

  • やわらかい
  • 温められる
  • 口に合う

などの点に注意して選ぶようにしています。

冷たいままでも食べられ、温めることもできる」というのが一番の理想ですよね。IZAMESHIはそれを満たしてくれる商品ばかりなので、多少お値段が高くても備えたくなります。

幅広い世代が食べやすいメニュー

私は、IZAMESHIで取り扱っている商品は、どれも「普段よく食べているもの」だと感じました。

「五目ご飯」「肉じゃが」「生姜焼き」など、我が家でも食卓によく並ぶものばかりなので、買いやすいです。子どもから、お年寄りまで、普段慣れ親しんでいるメニューを用意しておけるのが嬉しいポイントですよね。

先日ロフトで売られていたIZAMESHIのラインナップです。どれも美味しそうです。ハンバーグとかすごく気になるので今度レビューしたいと思います。

非常食コーナー

 【まんぞく豚汁】レビュー

そのままでも食べられる

  • 封を切ってそのまま食べる
  • お湯であたためる場合は、袋のままお湯に入れて約5分
  • 電子レンジであたためる場合は、深めの容器に入れてラップをかけてチン

今回は、「そのまま」食べてみた後、レンジでチンしてみました。

まんぞく豚汁

見た目と味は?

見た目は、こんなかんじ。

豚汁

お味噌汁用の器では小さいので、丼物に使っている器に出しました。

袋から器に出すときに、スプーンが必要です。具が袋の内側に残るので、かきだしましょう。

具材は細かいので、小さいお子さんや、お年寄りでも食べやすいと思います。

味も、濃すぎず丁度いいです。

じゃがいも、にんじん、大根、ネギ、ごぼう、豚肉、こんにゃくが入っています。

豚汁

野菜がたくさん取れるのが嬉しい!

個人的には、お肉やこんにゃくが入っているのが嬉しいポイントでした。

量は、300グラムで大人1人用って感じです。

小さいお子さんには少し多いくらいだと思いますが、美味しいので食べられるかも(笑)

あたためてみると…

レンジでチンしてみました。見た目はかわりませんが、白いかたまり?(豚肉由来の脂肪だと思います)がとけてなくなった気がします。

あたためすぎると、具材がとろとろになってしまうかもしれないので、

500Wで2分半程度あたためました。

体があったまる上に、なんだかとても満足感が増しました。やっぱりご飯はあったかいほうがおいしい…

【ひじきご飯】レビュー

食べ方

  1. 開封したら、脱酸素剤とスプーンを取り出す
  2. 熱湯または水を袋の内側の線までいれ、よくかき混ぜる
  3. 袋のチャックをしめて、熱湯なら15分、水なら60分待つ

今回は、熱湯(80度くらい)で試しました。

ひじきご飯

※注ぎすぎに注意してください(雑炊になります)

※熱湯を注ぐ際は、やけどに注意してください

↓お湯を注ぐ前

アルファ米

↓お湯を入れた後です。チャックして15分待ちます。

ひじきご飯

見た目と味は?

見た目はこんなかんじです。

ひじきご飯

普段食べているお米よりは少し小さい米粒ですね。アルファ米って感じがします。

具は、うるち米、にんじん、れんこん、ごぼう、ひじき、しいたけ、しょうが、乾燥ほたてが入っています。(こんにゃくかな?と思ったられんこんでした)

よくかき混ぜたので、にんじんとひじきがいい感じに混ざっていました!

味は薄めですが、だしが染みていて美味しいです。

白米のアルファ米より食べやすいと思います。味がついているもののほうが食べやすいと思います。アルファ米が苦手なお子さんでも美味しくいただけるかもしれません。

量は、茶碗一杯よりは少し多めでした。普通の茶碗サイズですが、1.5杯食べられるイメージです。

ひじきご飯

まとめ

「まんぞく豚汁」も「ひじきご飯」も、さすがのクオリティでした。汁物はお腹にたまるので、これだけで夕飯のメニューとして成り立ちます。

ひじきご飯と豚汁

特に、「まんぞく豚汁」はそのまま食べられるのがいいと思いました。冷たくても十分おいしかったです。量も多く、お腹いっぱいになります。

一方、「ひじきご飯」は水だと60分かかってしまうので、すぐ食べたい時には適していませんが、(熱湯だと15分)味は大満足です。素朴な味付けなのでお年寄りにも喜ばれそうです。

今回2つのメニューを同時にいただきましたが、野菜もしっかりとれて夕食でも十分な量です。

おいしい非常食を準備したい方は、ぜひ一度試してみてくださいね!