本・雑誌

愛猫を守るためにできること。猫を飼っている人にオススメの防災本2冊

ネコ

猫ちゃんを飼っている方、猫のための防災対策はしていますか?

今日は、災害から猫を守るために今からできること、猫を飼う人にオススメの防災本を紹介をしたいと思います!

こんな人にオススメ
  • 猫を飼っている人
  • これから飼う予定の人
  • 実家で猫を飼っている人
  • 猫のための防災対策を知りたい人

猫のための防災対策してますか?

飼い主がわからない猫たち

ネコ

環境省の「東日本大震災における被災動物対応記録集」によると、震災後に保護されたすべての猫の飼い主が見つかっていないというデータがあります。

一方、迷子札をつけていた犬は、全て飼い主が見つかったといいます。

保護されたにもかかわらず、猫は犬のように「迷子札」をつけていないために飼い主が見つからず、会えなくなってしまったのです。

毎日一緒に過ごす我が子に会えなくなるのは、とてもつらいですよね。

猫は首輪を嫌がることも多いですが、日頃の迷子対策のためにも、迷子札は必須かもしれません。

愛猫のためにできること

人間のためにもなることは、猫のためにもなります

例えば、家具の転倒防止対策。大きな家具が倒れてきて猫がつぶされてしまうかもしれません。年寄りの猫や、ジャンプできない猫、持病がある猫などがいる場合は必ず対策しておきたいです。

他にも、通電火災を防ぐことも重要です。

自分が自宅にいないときに火災がおきたらどうしますか?猫は自分で家の扉を開けて逃げることができませんよね。

大きな地震が起きたら、自動でブレーカーが落ちる「感震ブレーカー」をつけておくのもオススメです。我が家では去年感震ブレーカーを設置しました。そのときの記事を参考にしてみてください↓

ライト
通電火災を防ぐために【感震ブレーカースイッチ断ボール3】をつけてみた通電火災予防に、感電ブレーカーをつけてみました!簡易タイプのシンプルな「スイッチ断ボールⅢ」の設置方法を紹介します。...

まずは自分が助かることが大事

災害が起きたら、まずは、自分が助かることを考えましょう。面倒を見てくれる人があらわれるとは限りませんし、野良猫となって生きていくのはリスクが伴います。

自分が助からないと猫を助けることはできません。

いろんなケースを想定しておく

ペットを飼っていて災害にあったことがある方も、そうでない方も、いろなケースを想定しておくことが生き残れるかのポイントです。

  • 自分と猫が一緒にいるとき
  • 自分は出掛けていて、家に猫だけがいるとき
  • 散歩に出ているとき
  • 旅行のとき

など、想定できるケースは多ければ多いほどいいです。

猫のための防災本を読む

本

具体的に災害ケースをイメージし、対策を行うには「防災本」を準備しておくことが一番てっとり早いです。知識だけでは忘れてしまうことも多いので、1冊は用意しておき、何度も読み返しておくことが大切です。

今回は、2冊の防災本を紹介します!猫を飼っている方はぜひ参考にしてみてください。

猫と一緒に生き残る 防災BOOK

第一章「そなえがすべて」では、猫のために事前にできる防災対策が掲載されています。
いざというときのためのしつけの方法や、猫が迷子にならないための対策なども載っています。

第二章「災害発生!そのときどうする」では、災害が発生した後の対策が載っています。自宅で被災したときや、外出先で被災したときなどのケース別に書かれているところがオススメです。

第三章「避難生活のおくり方」では、避難所でのお世話のコツや、車での生活、家に猫を置いて、世話をするために家に通う方法などが書かれています。

 

全体的にイラストも多く、読みやすい印象です。猫を飼っているなら一冊持っておいて、事前に読んで対策を行うために役立てられると思います。

どんな災害でもネコといっしょ

「もしも」に備える では、猫の防災に必要な「かきくけこ」について書かれています。キャリーバッグや、薬、ごはんなどの備え方も参考になります。

被災シュミレーションでは、災害時の猫の行動パターンとその対処法や、応急処置の方法なども掲載されています。

熊本地震を経験して では、同伴避難所として開放した熊本の動物病院の1ヶ月間の様子が紹介されています。

他にも、東日本大震災や、熊本地震を経験された方の体験談が載っていて、猫を飼われている方が実際に感じたことや、役に立ったものなどが書かれています。

実際の防災グッズの写真が載っていたり、しつけの方法も詳しく書かれているので、とても参考になる1冊だと思います。

まとめ

私は、祖父母の家で猫を3匹飼っていたことがあります。都合のいいときにしか甘えてこないのにもかかわらず、いつも癒やされていました(笑)

ペットがいることで、災害時でも乗り越えられることもあると思います。

家族の一員である愛猫を守るためにも、防災対策を始めてみませんか?

今回紹介した2冊の本は、とてもわかりやすいので、ぜひお近くの書店や図書館などで探してみてくださいね。